葬式で使用する数珠の種類について

葬式に参列する場合に用いる数珠には大まかに分けて二種類あり、本式数珠と呼ばれる108個の球をつないだものと略式念珠という球の数が少ない片手用のものがあり片手念珠とも呼ばれています。
本式数珠は、煩悩の数が108である事から、これらの煩悩を消すために必要な数が揃っているとされているものです。
108個の球は長さがある為、手に持つ場合は二重にして使用するのが一般的です。
宗派によって数珠の種類が細かく異なりますが、どの宗派の葬式にも使用出来るのが略式念珠となっており自分の家の宗派が分からないという場合でも使用する事が出来ます。
葬式では数珠を持って参列する事がマナーとされているので、特定の宗派に属していない方も略式念珠を持って参列するようにします。
また、数珠には男性用と女性用があり男女兼用のものはないので性別に合わせた数珠を持つようにし、焼香や手を合わせる際には左手で持つのがマナーです。
数珠の素材は紫檀などの木を使用したものや水晶などをはじめとする天然石のものが一般的ですが、ガラス玉を使用した数珠もあります。