宗教によって葬儀に対する考え方の違いについて

日本で葬儀を執り行う場合に多いのが仏式になります。
そのため仏式の葬儀を執り行う事が多いので、飾られる花の種類などにも特徴が出てきます。
ですが同じ仏式であっても宗派によってやはり違いがあり僧侶の読経にも違いが出てきます。
ただし宗派は違っていても仏教における亡くなった人の考え方としては、来世では仏弟子として生まれ変わるとされています。
他に日本で広く信仰されているのが神道であり、お葬式も神式で執り行われることもあります。
仏式とは飾る花の種類から異なり、亡くなってからの考え方も違いがあります。
神式での考え方として、亡くなった人は霊魂となり家にとどまって守り神になると考えられています。
そのためご先祖様も同じように守り神として家にいるという考え方です。
またキリスト教での葬儀の場合は、死に対してのとらえ方自体は仏式や神式とは大きく異なります。
キリスト教の場合での死は命の終わりではなく永遠の安息と考えられています。
そのため葬儀の際にお悔やみの言葉などはなく、安らかな眠りに対してお祈りいたしますといった挨拶になります。